台東区が「もっと明るい豊かな社会になる」ために、台東区で生まれ育った特性を生かして、昔から住む皆さんと新しく住みだした皆さんとの懸け橋になりながら、台東区の皆様の区政への想いやお困りの声を区政に届け、迅速かつ最大限の改善に努めてまいります。また、齢40歳という中間世代として、若い力も発揮しながら子どもからお年寄りまでの各世代を繋ぐ存在として、台東区に寄与してまいります。
是非、皆さんのお気持ちや声を聞かせてください。

教育子育て支援を“東京一”へ

子供は地域の宝です。
幼い子供を持つ父として、出産から育てるに至るまでの様々な不便を1つずつ解決していきます。
またボーイスカウト活動の指導者として感じたことを基に学校や家庭の他に地域や子供の居場所・学習の場作りの充実、年齢に応じた子供への機会の提供など、様々な視点で子供たちへの教育環境や保育環境について考え、皆さんと共にすべての地域の子供たちが心豊かな生活を過ごせる、『東京一』の教育・子育て地域を目指します。

防災防犯力を“東京一”へ

安心安全は地域の要です。
消防団員や町会防犯部員として学び感じたことを基に、これまで以上に地域での災害時を想定した実践的な訓練の実施やシステム構築やハザードマップなどの災害時に有用な情報をより身近なものにすること、台東区が制作した「台東区防災マップ」アプリの活用や使用法の浸透、地域パトロールの強化など、地域の皆さんが安心・安全に過ごせる『東京一』の街づくりを目指します。

経済の活性化で“東京一”へ

経済の元気は地域の底力です。
中小企業の経営者として企業の置かれた現状をいち早く把握し、時代に即した必要な方策を区政に届けます。
また、台東区はご存知の通り100年企業が多くあります。事業継承におけるサポートの充実はもちろん、これからも100年企業が増えるよう、IoTの活用支援などを行なっていきます。
そして、働き手が活き活きと活躍出来る誇りの醸成により企業と働き手がともに歩み続け、発展していく『東京一』の経済地域を目指します。

共生社会の実現で“東京一”へ

全ての人が共生出来る社会は地域の根幹です。
介護事業を営むものとして、健康的に生活できるQOL(quality of life)の向上をより一層推進し、健康寿命の維持・延伸を中心に施策を作り上げ、介護や福祉、医療のシステム化や高度化を図り、区民の皆さんが健康でいきいきとした生活を送れる『東京一』の共生社会を目指します。

まちの活性化で“東京一”へ

まちづくりは地域の誇りです。
青年会議所運動や町会青年部活動から学んだこととして、社会背景から見出した地域の問題点をしっかりと解決するというものがあります。
地域での問題点は地域の方々の意見に傾聴し、その上でしっかりとしたエビデンス(根拠)を基に1つずつ解決していけるシステム構築をしていきます。
そして、近隣の区民が協同し、旧来からの互助の文化を現代にアレンジすることで、一人ひとりが活き活きと協和した社会を基礎としての「まちづくり」を推進する。このような文化と共にまちの活性化を目指します。
また、地域の魅力的な文化やコミュニティなど、様々な有形無形の資源を最大限に活用できる『東京一』の「まち」を創ります。